研修期間の医師とは

レディースクリニックで学ぶ

レディースクリニックで勉強

レディースクリニックは総合病院と違い女性特有の症状を扱うことが多い病院です。その為研修医は現場での実習を通して日々勉強することになります。医師免許を取得したとは言えわからない事、不安な事は非常に多く知識だけでは対応できません。先輩医師や指導担当医師などからアドバイスをもらいながら成長していくことになります。レディースクリニックにしかできないきめの細かいサービスを提供する為には知識だけでなく、経験から学ぶことも多くあります。ひとつずつ確実に習得をして、誰からも頼られる医師を目指さなければなりません。

レディースクリニック研修医業務

レディースクリニックに勤務する研修医は、産科医として必要な知識や技術、倫理やチーム医療の修得を目指します。研修期間は1~3年で、その間に色々な症例を経験しそのスキルを高めて行きます。妊産婦や新生児に関わる一般的な医療を中心に、帝王切開や中絶、不妊、腫瘍の手術などを外来の診療と合わせて担当します。段階的にステップアップするので始めから難しい症例を任される事はないものの、患者さんの命や健康を左右する重要な医療を提供する立場なので、医師としての自覚をしっかりと持ち、アドバイスが必要な時には必ず指導医に相談する事が大切です。患者としてレディースクリニックに関わる場合、不信感がある場合には研修医を外して貰う事も出来ますので、満足な医療を安心して受けたい方は我慢しないで上級医師や看護師に相談して下さい。

↑PAGE TOP