不育症の定義とは

不育症の定義について

不育症とはどのようなものか

何度か赤ちゃんを授かるものの、流産を繰り返してしまうことを「不育症」といいます。流産だけではなく、早産や死産なども含まれます。赤ちゃんを授かったというハッピーから一転、流産は大きなショックですが、これを繰り返してしまうとなると心の傷もより深いものとなります。流産を繰り返す場合、産婦人科で原因をつきとめる必要がありますが、一度の自然流産は確率的には決して珍しいことではなく、偶然不運が二度重なったという場合も十分に考えられますので、過度の不安を抱え込まず妊活に臨みましょう。

↑PAGE TOP